フタモンアシナガバチです。巣を出た蜂は何かをたよりに巣に帰ってきます。視覚なのか、太陽なのか。・・・。よくわかりませんがとにかく巣に戻ってきます。この巣を移動させてやりましょう。不思議なことが起こります。巣を出た固体は巣の位置とは違うところへ帰ってきます。元の巣の位置です。けれどももっと不思議なことが起こっています。巣を出たらちゃんと巣に帰ってくる個体もいます。何事もなかったかのように活動しています。どうもこの固体は巣の周辺を飛び交ってから出かけるように思えます。
フタモンアシナガバチは夜は活動しません。巣をゆすってもめったに出てきませんが、充分怒るとついに出てきますが、地面に墜落します。こうなると蜂は巣に戻れません。地面を歩いています。さて朝になると活動を始めますが、蓋をして朝になっても出かけられなくしてしてしまいましょう。巣を移動させて朝10時ごろ蓋を取って活動ができるようにしてやりましょう。時にとんでもなく不思議なことが起こりました。巣が大崩壊してしまいました。一匹もいなくなりました。そのまま放置しておくともっと不思議な結果を観察できました。3分の1ぐらいは巣に戻っています。帰ってきた個体数が少ないのです。残りの3分の1の個体は元の巣の位置で野営をしています。多分残りの3分の1は行方不明です。
Ads by Sitemix