ハチの走流性ー視覚で生きれば皆同じー
メダカは水の流れに逆らって泳ぎます。これを走流性と呼んできました。このHPからメダカの走流性の映像を見てください。流れに逆らって泳ぎますが決して流れより速く泳ぐわけではありません。水に流されないようにするには流された分泳がなければなりません。流れの方向へ姿勢をとれば後ろへ進まなければなりません。そんなことはできません。そうすると流れに逆らって姿勢をとる必要が出てきます。メダカに限らず視覚で自分の位置を確認している生物では皆同じことになるのではないかと思っています。
それでは周りが水ではなく空気だったらどうなるのでしょうか。空中を飛行する生物でも同じではないでしょうか。風と同じ方向を向いていれば風が吹けば風に流されるしかありません。普通はバック飛行はできません。動画はオオハナアブにドライヤーの風を回転させて当てたものです。風は反時計回りに吹いています。ハチは風に向かって飛んでいるように思います。「面白い実験でたしかめる生物の不思議」にもアップしています。トップからアクセスしてみてください。あなたは今腰まで水中に浸かっています。急な流れに流されないようにして下さい。きっと流れに逆らって姿勢をとると思います。強風中にいます。腰を低くして風の方向に逆らって姿勢をとると思います。
視覚を頼りに行動しているから、暗くなると走流性はなくなってしまうはずです。フタモンアシナガバチは夜は飛べません。巣から落ちてしまいます。こうなると巣にも戻れません。ついでに下から光を照射すると背泳飛行になると思いますがどうでしょうか。
(もっと)面白い実験でたしかめる生物の不思議 東京図書出版会・蒼天社    梶田高由
Ads by Sitemix