人工アサガオ ー蔓の巻き方の謎ー
アサガオの蔓は何処でどのように育てても左巻きに(?)支柱に巻きつきます。支柱に触れた側の成長がすくなりなり反対側の成長が大きくなるからだそうです。でも、これ以外にも巻きつく方法があります。下の動画のように吸水によって、螺旋状の捻れが解け、緩んでくると紙紐は回転を始めます。紙紐は吸水性の高いクラフト紙のものを使ってください。また紐の捻れの方向が違うと右回転をします。
アサガオの蔓は支柱の太さが適当であるときよく巻きつきます。太い支柱には巻きつくことができません。
それなら人工のアサガオでも同じように太い支柱には巻きつくことができないでしょう。やってみました。直径4mm程度の支柱に巻きつくことができず、空回りをしました。もちろんもっと太い支柱では全く巻き付けませんでした。
リンク 面白い実験でたしかめる生物の不思議へ
このHPを利用される場合は必ず梶田高由までご連絡ください。
アサガオの蔓が巻く速さは体内を流れる水の速さに依存するのではないでしょうか。
Ads by Sitemix