異なる巣のありをアクリル容器に入れました。映像はアリが戦う様子を撮影しています。不思議に思えることが幾つかあります。
1.同じ種でありながら出会うと激しく戦います。自分はどのグループの仲間なのかどうして分か
  るのでしょうか。触覚を切り取ってしまったらどうするでしょうか。
2.容器はアクリル性です。容器の垂直面でも天井面でもありは自由に歩いています。どうして
  落ちないのでしょうか。
3.アリはアリマキを攻撃しません。共生と言いますが、一体どうなっているんだろう。
戦うアリ、天井を歩くアリ
面白い実験でたしかめる生物の不思議へ
同種で異なる巣のアリの戦い。この時のスタイルは体を丸めます。ちょうど蜂が刺すときのスタイルです。きっと毒液を出しているのではないかと思います。
返しをつけておく
薄いアクリル板を巻く
アリの巣の近くによく水分を含んだスルメを置いて楊枝などで刺して持っていけないようにしておくと沢山アリが集まってきます。スルメを持ってビンに入れるとアリだけが瓶に入ります。この時瓶に返しがないと逃げられてしまいます。
Ads by Sitemix