注射器カラムクロマトグラフィー 
入浴剤編
入浴剤に含まれる色素をカラムクロマトグラフィー法で分離してみましょう。30分もあれば十分です。カラムの充填剤はシリカゲルを使いました。理由は分かりませんがセルロースパウダーではうまくいきませんでした。実験の過程は動画で御覧下さい。試料として使った入浴剤は紫色、緑の2種類を混合したものを水に溶かして用いました。黄色色素が多くなりすぎるとシリカゲルに異常を生じます。流す色素の濃度は最も最適にしてください。入浴剤は水温が低いと良く溶けません。20度以下にはしないほうが良いと思います。
なお、この実験はほとんど成功するはずです。
赤色色素と黄色色素と青色色素の3種類の色素が含まれているように見えますが、青色色素は2種類含まれています。黄色の色素のそばに十分分離しない状態で2つ目の青色色素があると思います。そのために黄色色素がやや緑色に見えます。
このHPを利用される場合は必ず梶田高由までご連絡ください。
(もっと)面白い実験でたしかめる生物の不思議 東京図書出版会・蒼天社    梶田高由
Ads by Sitemix